マカオで撮影されたMV(ミュージックビデオ)を集めてみた

こんにちは。「マカオを旅するFP」こと、さいとう信幸です。

「みるきー」がマカオで新曲のMVを撮影!

ちょっと前になりますが、「みるきー」こと渡辺美優紀さんの新曲「夕暮れセンチメンタル」のミュージックビデオがネット上で話題を集めていました。

渡辺美優紀 – 夕暮れセンチメンタル

私はあまりアイドルには詳しくないのですが、全編マカオで撮影されていると聞いて、見てみました。

実際にマカオ観光局が協力しているかどうかはわかりませんでしたが、マカオのIR事業者である「サンズ」が撮影に協力しているのは、エンドクレジットでわかりました。

撮影は、サンズが経営するIRの「パリジャン」と「ベネチアン」で行われているほか、マカオ新八景にノミネートされた福隆新街、西望洋山、それにタイパ官也街でも撮影が行われています。「パリジャン」と「ベネチアン」も「金光大道(コタイストリップ)」としてマカオ新八景にノミネートされています。まさに、渡辺美優紀さんと新しいマカオの観光スポットの魅力が5分間にぎっしり詰まったMVです。

ただ、MVを見ただけでは「はっきりここで撮った」というのがわからないシーンもあったので、次回マカオに行ったときには撮影場所をちゃんと確認してこようと思います。まだ泊まったことのないパリジャンにも泊まってみたくなりました。

さて、日本人アーティストがマカオでMVの撮影を行ったのは渡辺美優紀さんが初めてではありません。私が知る限りでは、あと2本はYouTubeにアップされています。

崎山つばさ「UTOPIA」

崎山さんのMVも、マカオの観光ビデオ度が極めて高い仕上がりになっています。私は、このMVを見て初めて崎山さんのことを知りましたが、何度もMVをリピート視聴して、カラオケでも歌えるほどになりました。

冒頭、タイトルをバックにいきなりギア要塞から見たグランドリスボアが登場。続いて雨上がりのラザロ地区が出てきます。さらには、聖ポール天主堂跡、恋愛巷、コタイストリップのスタジオシティ前、それにコロアン村も登場します。こちらも、マカオ新八景にノミネートされたスポットのオンパレードです。

崎山さんは、この曲のサビで「ひろがっていく僕と君のユートピア」と歌っていますが、まさにマカオが神に護られしユートピアであることを表現したMVに仕上がっていると感じました。

「UTOPIA」のCDには、マカオで撮影されたスペシャル映像が特典で付いてくるバージョンもあるようですので、CDも買ってみることにします。

C&K「へべれけ宣言」

こちらは観光ビデオとしての色合いは薄いですが、前2本とは全く違ったマカオの風景がアップチューンなメロディとともに楽しめるMVです。

真っ白なリムジンを呼び出したかと思えばペデイキャブ(3輪の人力車)に乗ったり、聖ポール天主堂跡前で踊ったり、地元の人と歌い踊りながら通りを練り歩いたり、夜の街で美女に囲まれたり、バカラで大勝ちしたりなどなど、C&Kの2人がとにかくマカオで弾けまくります。

撮影地は福隆新街やスボア付近のカジノ街がメインですが、冒頭では、タイバ側から見たマカオタワーも登場しますし、南湾越しに見るリスボアの夜景もきれいです。ラスト付近では大砲台からグランドリスボアに向けて大砲を撃つというお約束のシーンもあります。 コタイストリップの新しいIRが出てこないので、古さも感じさせますが、かえって旧市街の面白さが際立ちます。

様々なマカオの風景をMVで楽しもう!

マカオ半島と離島、古い町並みと新しいビル、昼と夜。それぞれで違った表情を見せてくれるマカオをミュージックビデオで旅することができます。これからも多くのアーティストがマカオでMVの撮影をしてくれるといいですね。

それでは、また。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする