南房総へのドライブでランチに刺身定食を食す|館山市「味処あさみ」

こんにちは、さいとう信幸です。

先週末に、千葉県南房総市(旧千倉町)まで1泊2日のドライブ旅行に行ってきました。

当初の予定では、富津市金谷にあるアジフライ定食で有名な「さすけ食堂」で昼食をいただくつもりでしたが、金谷に着いたのが10時半ごろで昼食時にはまだ早く、すでにかなり多くの人が入店を待っていたので、予定を変えて、館山あたりで昼食を取ることにしました。

とは言っても、急遽のスケジュール修正で、特に目当ての店はありません。とりあえず、Google Mapで「館山 ランチ」で検索してみたところ、一番先頭にヒットしたのが「味処あさみ」でした。ちょうど、南房総市へ向かう途中にあり、評価も星4つ半とかなりのものです。これは食べてみる価値ありと、カーナビに電話番号を入力し目的地セット完了。富津市から国道127号線を南下し、館山市へと向かいました。

車を走らせること1時間弱。館山から白浜へ向かうバス通り沿い、大きなホームセンターの向かい側に、お店を見つけました。

緑の暖簾が目印。狸もお出迎え。

駐車場にはすでに先客の車が何台も停まっており、人気をうかがわせます。緑色ののれんをくぐれば、10席程度のカウンターとテーブル席ほぼ満席状態。幸いにして奥のカウンターに空席があり、待ち時間ゼロで座れました。カウンター越しに、店主と思しき方が舟盛りの刺身を用意している様子が見えます。

カウンター越しに調理場の様子が見える。黒札のお品書きも印象的。


メニュー、もとい、「お献立」は巻紙状になっていて、先頭を飾るのは当然と言わんばかりに「刺身定食(上)五点盛1900円」でした。決して安いわけではありませんが、高くて納得がいかない値段でもありません。他にも天丼やエビフライ定食などの定番メニューもありましたが、先程見た舟盛りの刺身のボリュームと鮮度を期待して、これを注文することにしました。

10分ほどでいよいよ「刺身定食(上)」が運ばれてきました。舟には、アジ、カンパチ、カツオたたき、ハマチ、ネギトロと、期待通りのボリュームの刺身が盛られていました。アジはお頭付きです。これで1900円なら納得がいきます。刺身のボリュームがあるので、ご飯が足らなくなってしまいそうです。おかわりは有料になってしまうので、ご飯は少しずつ食べることにします。刺身2に対して、ご飯1の割合でしょうか。

新鮮な鮮魚の刺身5点盛。味噌汁も美味。

刺身を食べてみると、地元の漁港で水揚げされたであろうアジは新鮮です。房総半島に来たらやっぱりアジは外せません。カンパチがこれだけ厚切りで食べられるのも嬉しいですし、ハマチも脂が乗っています。逆にネギトロはくどい脂っぽさがなく、カンパチやハマチとのバランスを取っていました。カツオのたたきが出てきたのは意外でした(体当たりが出てくると思っていた)が、房総で食べる刺身としては変化球と言えるかもしれません。そして、何よりも味噌汁がうまい!刺身をさばいた後の残りの部分でダシを取っているのでしょう。ご飯のおかわりはしなくても、味噌汁のおかわりは頼みたくなりました。

食後にお茶をお願いしたら、昔ながらの金属製の急須にお茶を入れてくれました。このようなレトロな雰囲気も好きです。


星4つ半のGoogleの評価も納得がいきました。館山方面に来たときは、再訪したいと思います。次回は、人気がありそうだったアジフライ定食もよさそうです。

新鮮な刺身をツマミにお酒を飲みたいという方は、館山駅から神戸経由安房白浜行のJRバスで「安房神社前」で降りれば、すぐお店が見つかります。バスは1時間に1本出ていますので、食事とお酒を楽しんだら、それほど待たずに次のバスで白浜を目指せます。

バスの路線図及び時刻表は、下記リンクからどうぞ。
http://www.jrbuskanto.co.jp/local_guide/local_tateyama.html

お車でも電車でも、一度ぜひ南房総にお越しください。地元民ではありませんが、一千葉県民としてお待ちしております。

次回は、南房総市の海沿いにあるお花畑をご紹介します。お楽しみに。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする